たすかった人のことばを聞くこと。

 温泉津の安楽寺で有名な妙好人に浅原才一という人がおりました。

 信心を得るまで20年かかったと聞いています。その浅原才一の詩に『弥陀の直説なもあみだぶつ』ということばが出てきます。

 お正信偈を読む。ご法話を聞く。お寺にお参りして阿弥陀経を読誦する。阿弥陀さまのことばに触れる機会はたくさんです。

 阿弥陀様と私。

 「直々に阿弥陀様のお言葉を聞かしていただいた」となれば助かります。そこがポイントです。

 

お釈迦さまは世の中を嘆いたのではありません。迷わなくなっただけです