断酒六十二日目

 お酒を飲む。何も食べない。

 

 体の状態がどのようなものだったか。最初は筋肉痛かと思いました。

 

 塗り薬を塗ったら普通の筋肉痛なら回復するのですがお酒からくる筋肉痛は治りません。絶え間なく激痛がはしります。

 

 それでもお酒を飲むと痛みが和らぐので飲み続けたというのがわたしのケース。

 

 栄養が足りなくなるのでたんぱく質を消費してしまうようです。食事をしないということは外部からの栄養補給がないので筋肉などから必要な栄養素を体の内部で補給するようになります。だから痛みがあるのでしょう。

 

 体が体を食べる。

 

 たんぱく質をたくさん食べるようになって六十一日目。二週間ほどで筋肉が太くなってきたことを実感し、階段の昇降もしんどくてたいへんでしたが筋肉が元に戻ってくると苦痛ではなくなります。

 

 たんぱく質で体ができあがっていることを実感しました。