断酒四十九日目

 七×七で四十九日。

 

 断酒も四十九日を迎えました。

 

 次の目標は「人のうわさも七十五日」なので「七十五日目」とします。その日が過ぎたらいよいよCT検査&胃カメラの診察日です。体調が良いので「もう治ったのではないか」「検査を受ける必要はないだろう」と勝手に思い込んでいます。当日はドキドキするだろう。

 

 肝臓だけではなくてその他の臓器も見てもらえるようなので前向きに受け止めたい。

 

 見えない世界がある。

 

 経営者は孤独という言葉がある通り経営者にしか見えない世界があります。その人にしか見えない世界。わたしはしに足らされた時に「その人にしか見えない世界」にすこしでも近づいて触れてみたいと思いました。

 

 アスリートの人にしか見えない。画家にしか見えない。音楽家にしか見えない。あるいは町の商店街を歩いていても一つ一つの商店の店主にしか見えない世界があります。

 

 新型ウィルスの自粛期間中にわたしは漫画とアニメをたくさん読んで鑑賞する日常を過ごすことにしていました。

 

 感性を刺激することで「見えない世界」が見えるようになると信じているからです。

 

 仏教も同じです。心を仏地にたててという言葉があるようにその人が見ている世界があります。住んでいる世界があります。

 

 地獄はあるかないかではなく見る世界。

 

 地獄を見るか仏地を見るかの二者択一ではなく地獄を見ると同時に仏地を見るという世界。

 

 今日はどのような美しい世界に出会えるだろう。