断酒四十六日目

 お誘い

 

 さまざまなことに誘われます。意にそぐわないことや参加しても仕方のないことだと感じたお誘いはほとんど断っていました。参加すればするほど負担が増して精神的にも苦痛でどうにもこうにもならなくなったことがあるからです。

 

 新しい人間関係。これまでの人間関係。

 

 死ぬかもしれないと思いながら過ごしていたら「なるべく断らない」方針でいこう。そのような思いに変化しました。

 

 ワクワクすることもあります。新しい情報や誰かが挑戦し続けている仕事の内容を聞いたり問題解決に奮闘している話しに接するだけでも気分が違います。

 

 みんなでやる方が楽しいというのは間違いない。

 

 集団になればリーダーシップを発揮する人が自然に出来上がって、上下関係のように見えなくもないですが前向きなうちは所属していてもいいと思いました。むしろ愚痴や悪口が聞こえてくるようになるまでは参加し続けてみよう。

 

 データの上書をすると以前のデータは消えてしまいます。

 

 人間の感情も同じです。

 

 マイナスの感情やそれを想起させるような人との会話は愚痴や悪口を言わない人と会うだけで上書されます。愚痴や悪口は二人きりのときに聞きたい。いくら暗くなっても不愉快になっても二人だけならダメージはほとんどありません。

 

 嫌な出来事は前向きな気持ちで上書きします。