たいへんだ

 なるべく不要不急の外出はしないようにしていますが、ニュースを見ているとお客さんがまったくいないレストランや居酒屋さんの苦しんでいる姿が流れます。

 

 給料がでないことを何度か体験しているわたしは放送される飲食業・観光業の人がどれだけの痛みをかかえていらっしゃるかわかるような気がしてことばが胸にささります。

 

 収入が〇割減ったということばを聞くたびに「無給で耐え抜く日々」がわたしにも再来するのではないかとこわくなったりします。

 

 この世の中から一日でもはやく新型ウィルスがいなくなることを念じてばかりです。

 

 世界中でたくさんの人がお亡くなりになられました。手を合わせるばかりです。