静かに手を合わせる

 悲しいときはひとりで静かに手を合わせて仏壇の前で正座します。

 

 いつでも手を合わせるわけですが特に悲しいときにはひとり静かに阿弥陀如来の前で過ごします。