悲しみに専念して良い

 愛する人が死んで通夜葬儀を行ったあと49日間ご命日を一日目として一週間に一度お参りをします。

 

 7×7で49日目を迎えると満中陰の法要を修行します。

 

 なぜ七日ごとにお参りが設定されているのか不思議に感じていましたが「愛する人」との死別、悲嘆にひたる時間として社会が認めてくれた時間。悲しみに専念してもよいという時間なのかもしれないと感じます。

 

 よく「喪に服する」という言葉を聞くことがありますが宗教的な意味合いよりも死別による精神的なダメージやパニック状態を少しでもやわらげるには悲しみを吐き出したり、悲しみに浸ってもよい時間がなければ社会生活を営めないことを人は知っているのだろうと思いました。

 

 それも社会から「悲しみにひたってばかりいてはいけない」と言われたり「いつまでも泣いていてはいけない」と言われることのないように「満中陰を迎えるまで」あるいは「喪に服する期間」においては「悲しみにひたれるだけひたって良いですよ」とお墨付きをもらった時間なのです。

 

 この頃はお葬式のときに「四十九日の法要もやってください」と言われることがあると聞きました(生前からのお付き合いを大切にしている照光寺では言われることがありませんがわたしがのんきでその言葉を聞いていないだけかもしれないと思ったりします)。失いつつあるものと変化し続ける人々の姿に戸惑うこともありますが丁寧に会話をする中で伝えていくと理解してくれるに違いないと我が弱きこころを鼓舞しています。

 

 一か月に一回だけでも宗教者とあって会話をして過ごす時間は想像以上に大切なのです。